英語と水のメディア

アメリカ旅行に必要なESTAってなに?

パスポートとパソコン
アメリカ入国の際に重要な手続きであるESTAをご存知ですか?アメリカ本土はもちろん、ハワイなどの離島にいく際にも必要な、出国前の手続きなんですよ。ここではアメリカ旅行の際に欠かせないESTAについてまとめていきます。

ESTAってなに?どんなことをするの?




ESTAとは電子渡航認証システムのこと

外国人が留学などで別の国に長期滞在をする際に、ビザという入国許可証が必要になります。しかしこれが、観光などが目的の90日以内の短期滞在になるとちょっと話が変わります。一部の国の国民に対してはビザの取得を免除している国が多くあり、アメリカもその一つです。日本人を含む一部の国の国民に対しては、ビザの取得を免除しています。

しかし世界情勢の変化により、テロなどの安全対策を目的として、2009年1月からESTAという電子渡航認証システムが導入されました。これにより、海外からの渡航者がアメリカに90日以内(ビザの取得が免除される)の短期滞在をする際にはESTAの認証が必要となりました。

申請はインターネットで渡航前に行う

ESTAの申請はインターネットで行います。アメリカの入国審査時にESTAが認証済みであることが必須なので、申請は渡航前に行います。ESTAの認証が降りるのは、最大72時間(3日)以内。大体はすぐに認証が降りますが、不備などがあったときのことを考えると、出発日よりも少し早めに申請しておいた方が安心です。

ESTA有効期限は2年間で、期限内であれば再申請なしで渡米が可能です。

ESTAの申請サイトには日本サイトがある!





アメリカへの渡航認証システムってことは、ESTAのサイトは英語表記なの?とちょっと不安になる人も多いのではないでしょうか。結論からいえば、ESTAには日本語版サイトがあるため、英語が読めなくても全く問題はありません。

しかしちょっと注意しなければならないのが、入力方法。漢字や平仮名は使用できず、英語またはローマ字入力となります。日本語で「名前」「住所」「会社名」なんて書いてありますが、同じように日本語の漢字入力をしてしまうと、全てエラーで入力しなおしです。

しかも英文字も数字も住所で使用するハイフンも全て半角入力になります。全角だったり日本語入力だったりすると、エラーになって次に進めないので気をつけてくださいね。

支払い方法について

ESTAの申請にはお金がかかります。無料ではありません。乳児からお年寄りまで年齢に関わらず、一律14ドルがかかります。ドル支払いなので、為替相場によって日本円に換算した実際の支払い額がちょっと変わります。

支払い方法の選択画面はPayPal、クレジットカードの2択になっていて、クレジットカード支払いが主流のようです。

渡米時にはESTA申請をお忘れなく

ハワイやアメリカ本土に渡航の際には、長期滞在時にはビザ、短期滞在時にはESTAの承認が必要となります。年齢関係なく必要なものになるので、渡米が確定したら早めに申請をすると安心です。

また、申請に自信がない、エラーになってしまってうまく申請できないということもあるかもしれません。そんな場合には、別途料金がかかってしまいますが、旅行会社などで申請代行サービスも行っているので活用してみるといいかもしれませんよ。



by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です

関連記事
No articles