英語と水のメディア

TOEICリーディングPart5どのような問題?

Pointを指差す手

TOEICと言えばPart5で頭を悩ます方が多いと思いますが、こちらではPart5がどのような問題なのか、どのような出題傾向にあるのかをお話していきます。

ざっくりでいいのでPart5の全体像を把握していきましょう。

 

Part5にはどのような問題が出題される?




Part5には大きく分けて3つの問題タイプがあります。3つとは品詞、文法、そして単語問題です。それぞれの問題の特徴をお話していきます。

 

品詞

スコアアップに繋がりやすいTOEICの学習項目としてまず一番最初に学習したいのが品詞です。Part5は30問ありますが、30問中約10問が品詞問題だと思ってください。

まずは英語の品詞を中学校3年間で習った知識を思い出しながら復習しましょう。

 

「中学校のとき英語が本当に苦手だったのですが…。」

というお声が聞こえてきそうですが、安心してください!少しずつ解説していきます。

それではTOEICでよく出題される品詞とはいったいどれでしょうか?TOEICで必要最低限おさえておきたい品詞はこちらです。

  • 名詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 副詞

他にも品詞はありますが、まずはこの4つを抑えておきたいです。

品詞が問われる問題として、空欄の中に適切な品詞を入れなさいという問題があります。

例えば、

Q)  … the ______ speech …

a) inform

b) informaion

c) informative

d) informatively

という問題が出題されたときに、空欄の後ろは名詞ですよね。名詞を修飾するのは形容詞です。選択肢の中で形容詞なのは c) informative のみなので、正解は

A) the informative speech

ということになります。このようにフルセンテンスを読まなくても、品詞の知識があれば1問解けてしまうわけです。

品詞を勉強することでPart5だけでなく、全体的な英語力の底上げにもなりますので、きちんと勉強をしておきましょう。




文法

次に勉強したいのが英文法です。こちらも30問中約10問が文法の問題です。

TOEICでよく出題される文法事項はこちらです。

  • 時制
  • 格(所有格など)
  • 関係詞
  • 前置詞 vs 接続詞
  • 比較級、最上級
  • 受動態、能動態

このあたりでしょうか。仮定法なども出題されますが、高校英語の知識が必要になります。難しい項目なので勉強は後回しでいいでしょう。それよりもご紹介させていただいた上記の文法、これらはほぼ中学校3年間で習う内容です。

 

きちんと復習すれば、品詞問題と同様に空欄の前後を見ただけで問題を解くことが出来ます。

 

 

単語

 

最後にご紹介したいのが単語です。こちらも30問中約10問出題されます。

よく言われるのが「品詞問題や文法問題は空欄の前後だけを読めば解ける!」ということです。これは本当です。

品詞・文法の知識があればあるほど、空欄の前後を見ただけど、ぱっと解けるようになるでしょう。

 

一方、こちらもよく言われるのが「単語問題はフルセンテンスを読まないと解けない。」ということです。

文脈を読み取って適切な単語を入れないといけません。これはTOEIC初級者にとってなかなかハードルが高いことですよね。

 

TOEICを勉強している初期段階では単語を勉強していてもなかなか得点源にならないことが多いです。

 

それを踏まえて、単語はコツコツ覚えていく、毎日の学習を絶やさないということです。単語を学習すれば読める英文量が増えていきますし、同時にスコアアップにも繋がります。




by
英語ライター。日本とフィリピンのハーフ。神奈川県出身。大手英会話スクールに勤務した後独立。幼少期から英語を聞いて育つ。バイリンガルの特徴を活かして英語学習の関するティップを執筆中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です

関連記事
No articles