英語と水のメディア

海の水はなぜしょっぱいの?

青い海と白い砂浜

海と川は繋がっていて、もともと川にあった水が流れてきて海の水になりますよね。しかし川の水はしょっぱくないのに、どうして川の水が海に流れ込むとしょっぱくなるのでしょうか?ちょっと不思議ですよね。

川の水も海の水も同じ水?




川の水も海の水も雨水からできている

そもそも、海の水がどこから来ると思いますか?雨が土に染込み、山から川へ流れ、海へと流れ込んでいきます。雨が直接海に降り注いで、そのまま海の水になる場合もあります。学校の授業や一般的な知識として、なんとなく知っている人も多いかもしれませんね。

それでは、海の水はしょっぱいですが、川の水はどうでしょうか?また両方の元となる雨水は?川遊びをしたことがある人、雨に濡れたことがある人はご存じかもしれませんが、しょっぱい味はしませんよね。

水の呼び方も川の水は淡水、海の水は海水と呼び方が違います。不思議ですよね。

しょっぱさの原因は岩石に含まれている成分

もともと、海ができた頃の海水は酸性でした。そこに岩石から溶け出したナトリウムが混ざることによって、海水の成分が塩化ナトリウム(=塩)に変化していったのです。現在でも岩石に含まれるしょっぱい元となる成分が、水と一緒に川から海へと流れ出ているんですよ。

海水量が一定なのはなぜ?

近年、地球温暖化などによって南極の氷が溶け、海面が上昇しているという話をよく耳にしますよね。しかし雨が降ったり川から絶え間なく水が流れ込んだりしているのだから、南極の氷が溶けなくても海面が上昇したりしないのでしょうか?

雨が止んでしばらくすると、地面にできた水溜りの水はなくなってしまいますよね。水が蒸発したためです。同じように海水も、蒸発しているんですよ。そして同じくらい雨や川から水が流れ込み、海水量は一定を保っています。そして岩石から溶けだしたり風に乗って海に運ばれてきたしょっぱい元となる成分によって、水のしょっぱさも保っているんですよ。

海の水から塩を作ることができる





海水浴をしているとき、海水に濡れた部分が乾くとしょっぱい白い粒が残っていますよね。実は海水に含まれる塩化ナトリウムだけを取り出し、食塩を作ることができるんですよ。

海の水を煮詰めていくと、私たちが普段料理に使っている食塩になります。また食塩を取り除いたあとに残る液体は「にがり」として、豆腐を固めるのに必要な成分になるんですよ。

まとめ

海と川は繋がっていますが、川の水は海に合流することにより淡水(=しょっぱくない)から海水(=しょっぱい)に変化します。また川の水は、岩石からしょっぱい元となる成分を含んで海へと流れていきます。

海の水のしょっぱさの原因は塩化ナトリウムが溶け込んでいるからです。これは食塩と同じ成分で、海の水から食塩を作ることも可能です。また食塩を作るときに、豆腐作りに欠かせないにがりを一緒に抽出することもできます。



by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です

関連記事
No articles