英語と水のメディア

保存水と普通のペットボトルの水は何が違うの?

ペットボトルの水
通常のペットボトルの水とは違い、保存期間が5~10年ととても長い災害備蓄用の保存水。2つの水は何が違うのでしょうか?ここではちょっと気になる保存水についてまとめてみました。

保存水と通常のペットボトルの水は何が違うの?




長期保存ができるように加熱殺菌がされている

通常のペットボトルのミネラルウォーターは、水の中にある不純物をろ過によって取り除いています。これはミネラルウォーターを安全な飲料水にするのにとても大切な行程です。

保存水は長期保存を可能にするために更に水に加熱殺菌などを行い、水に含まれる菌や不純物を取り除いていきます。水を長期で保存しても安心して飲むことができるように、保存水には通常のミネラルウォーターよりも手間がかけられているんですね。

水の入れ方やペットボトルにも工夫が

通常のペットボトル飲料と違い、保存用の水はペットボトルの口ギリギリまで水を入れて、空気に触れる部分を極力少なくしています。

またペットボトルには、わずかに空気を通す性質があります。賞味期限の過ぎるころから中身が少しずつ蒸発してペットボトルがへこんでしまうこともあります。こういったことを防ぐために通常よりも厚めのペットボトルを使用したりボトルキャップの締め口を固くするなどの工夫がされているんですよ。



保存期限が過ぎたからといってすぐに腐るわけではない

長期での保存が可能な災害備蓄用の保存水ですが、なにもなければ保存しておいてそのまま保存期限が過ぎてしまった!ということもありますよね。それでは保存期限が過ぎてしまった水はどうすればいいのでしょうか?

通常のペットボトルのミネラルウォーターも同じですが、期限が過ぎてしまったからといって、すぐに水の腐敗が進むわけではありません。早めに消費するのがベストですが、飲料水としての用途以外にも洗いものや手洗いなど水の用途はたくさんあります。消費するのが難しければ、飲料水以外の用途用として保存しておくのもいいかもしれませんね。

開封後は早めに消費を

通常のミネラルウォーターと同じように、保存水も、開封後は早めに消費をしてください。空気に触れたりペットボトルに直接口をつけたりすると、雑菌がわきやすくなり日の経過とともに水の腐敗が進んでいきます。

開封後に少しでも長く保存したい場合には、ペットボトルには口をつけず、冷蔵庫や涼しい場所で保存するようにしてくださいね。

長期で保存できるように工夫されているのが保存水

災害備蓄用の保存水は、年単位で保存できるように水やペットボトルに工夫や手間をかけて作られています。通常のペットボトルのミネラルウォーターよりも少々値段も高いですが、その分保存できるので、万が一のときのために備蓄しておくと安心です。

ミネラルウォーターは保存期限が過ぎてもすぐに腐敗はしません。しかし他の備蓄用食料などと一緒に、年に1回くらいのペースで保存期限のチェックと管理をしておくと、万が一のときに更に安心ですよ。



by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です