英語と水のメディア

インドの水道水は飲める?

インドの世界遺産

世界で人口が2番目に多い国と言われており、多くの世界遺産があるインド。海外旅行初心者には少々難易度の高い渡航先です。しかしそれでも日本からは、毎年多くの人がインドへ観光に出かけています。

インドは、近年めまぐるしい発展をとげています。しかし衛生環境については、まだ少し安心できない部分が多くあります。そんなインドの水道水は、果たして飲むことができるのでしょうか?また旅行をする際には水道水や飲料水に関して気を付けた方がいいことはあるのでしょうか?今回はインドの水事情についてご紹介します。

インドの水道水は飲むことができるの?




水道水は飲まない方がいい

インドの水道水は、そのままで飲むのは危険な水です。インドでは、主に河川の水を薬剤などで汚れをキレイにして、水道水として利用しています。しかしインドでは、河川の汚れのレベルが拡大しているのに、水道事業の運営自体がうまく機能していません。運営に必要な料金の徴収も進んでいません。そのことから、安心して飲めるレベルにまで、水道水をキレイにできていないのが現状です。

インドは人口の増加とともに、生活や産業によってできた汚水がどんどん川に流れていて、日本では考えられないほど河川が汚れています。汚れた水のままでは水道水として利用できないので、キレイになるように処理を行います。しかし水の汚れがひどすぎるために、水に含まれている大腸菌などの菌を全て殺菌することができません。また、処理段階で多くの薬剤を投入しています。そのため、水に含まれる菌だけでなく、薬剤による害の心配も出てくるほどなのです。

原因は水の汚れだけではない

インドの水道設備はあまり整っているとは言えず、上水道は1日に決められた時間しか給水されません。蛇口をひねればいつでも水が出てくる日本とは大違いです。水の給水時間が決められているため、給水された水はタンクに貯めて使用します。

この水を貯めるタンクや、水の通り道である水道管の汚れや破損が、インドでは日常茶飯事です。そのため、水をキレイにして水道管を通り、蛇口から出てくるまでの間でも、水が汚くなってしまう恐れがあるのです。蛇口からでてくる水が濁っていることもあり、その見た目から、飲むのも思わずためらってしまいます。

ペットボトルで買った水がいちばん安心

インドでは水の浄水処理が間に合わず、水の通り道である水道管の状態もあまりよろしくありません。そのため、飲料水はペットボトルで購入するのがいちばん安心です。現地の人たちは、水道水を家庭用浄水器でキレイにしてから利用することもあります。しかし現地の水に慣れていない旅行者は、万が一のことも考えて、水は購入したものがいいでしょう。

水道水の中には、大腸菌などの菌がまだ残っていることもあります。飲み込まないとはいえ、心配な人は、歯磨きもペットボトルの水が安心かもしれません。



同じペットボトルの水にも種類がある



インドではペットボトルの水にも種類があります。安いものは、インドの水道水をろ過したものをペットボトルに詰めています。しかしいくら工場でキレイにしたものでも、元が水道水だと心配な人もいますよね。インドの工場の衛生環境も、場所によっては少々心配な部分があります。そのため気になる人は、水の採取地や生産国を確認しながら、ミネラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターを購入することをオススメします。お値段が少し高めになりますが、安心はできるかもしれません。

また、一度封を開けて空にしたペットボトルに、水道水を詰めただけのものが販売されていることもあります。浄水器を通してはいるようですが、工場できちんと殺菌処理を行った水よりも、お腹を壊す確率が高くなります。そのためペットボトルの水を購入する際には、封は最初から空いていなかったか?未開封だったか?ということまで、しっかり確認しておくと安心です。

インドの水道水は飲まない!

インドは水道水事情があまりよくないため、水道水をそのままで飲むことは避けましょう。現地の人や駐在している日本人などは、慣れてくると、性能の高い浄水器や、宅配ボトルの水を利用することもあります。しかし浄水器を通した水であっても、慣れないうちはお腹を壊す可能性が高くなります。そのため、旅行者はペットボトルの水を購入するのがいちばん便利で安心です。

広いインドでは、ペットボトルの水だけでもたくさんの種類が販売されています。メーカーごとに硬度も味も全く違うんですよ。飲み比べてみて、自分に合った水を購入するといいかもしれませんね。




by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。