英語と水のメディア

ハーフなら英語もペラペラになるの?

人とアルファベット
ハーフの人を見ると、その見た目から「英語もペラペラなんだろうな」と思う人がいるのではないでしょうか?でも実は、ハーフだからって英語がペラペラになれるとは限らないんです。なぜなら、英語が喋れるかどうかは血筋ではなく環境や本人の努力が大きく関係しているからなんですよ。

ハーフなら英語がペラペラになるの?




ハーフだからって英語がしゃべれるとは限らない

知人に、母親が日本人で父親がアメリカ人の男性がいます。顔はアメリカ人寄りのハーフ顔で背も高く、パッと見は英語をペラペラ喋ることができそうです。

しかし実際には、彼は英語が全く喋ることができません。彼の実家では父親は英語を母親は日本語をそれぞれ話すのですが、幼少期から父親と過ごす時間が極端に少なかったのだとか。しかも父親は話し言葉は英語ですが日本語も理解できるため、彼が日本語で話しをしても特に支障はなかったのだそうです。

そのため彼は、英語は理解できるのに、喋ろうとすると単語が出てこなくてうまく喋ることができないんだとか。「わかるのに喋れない」というのは、英語を勉強している人でも体験したことがあるのではないでしょうか。

血筋ではなく環境が大切

国際結婚をした方のブログなどを読んでいると、バイリンガルにするために英語と日本語の両方に偏りなく触れられるように工夫をされているご家庭が多いようです。英語学習と臨界期って?の記事でもご紹介していますが、日本でバイリンガルを育てるためには日本語に触れるのと同じくらい、幼少期に英語にも触れる必要があります。よく「英語のシャワー」なんて表現もされていますよね。

いくらパパやママが英語圏の人間でネイティブスピーカーだからといっても、英語に触れ、実際に喋る機会がなければ子どもの英語力は身に付きません。

子どもの「聞く力」はすごい!





子どもの「音を聞く力」には驚かれることが度々あります。私の息子も、英語の歌を聞かせているうちに歌えるようになったり、新幹線の名前を片っ端から覚えていたり…。

そのため子どもが小さいうちは、アプローチ次第で英語力をグッと伸ばすことも可能です。もちろん母国語も大切な時期なので、母国もしっかりと覚えさせる必要がありますが。

英語ができるかは環境や本人の努力次第

いくらハーフだからといっても、日本で日本語に囲まれている環境では英語はペラペラにはなりません。逆をいえば英語のシャワーや親子で楽しく英語に触れる機会があれば、日本でも英語をきちんと学ぶことが可能です。

もちろん大人になってからでも、努力次第で日本で英語の上達は可能です。子どもの英語教育を考えている人、自分で英語の勉強を考えている人は頑張ってくださいね。



by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です