英語と水のメディア

英語の勉強に役立つ?フォニックスってなに?

英語辞書
子ども向け英語教材を調べていると「フォニックス」という言葉をちらほら耳にすることがありますよね。あまり聞き慣れない言葉ですが、フォニックスとは一体何なのでしょうか?今回は英語を話すときに役に立つかもしれない、フォニックスについてご紹介していきます。

フォニックスってなに?




英語とその規則性をまとめたもの

フォニックスとは、英語の発音と綴りに規則性を与えた学習方法のことです。フォニックスを覚えておくと、その規則性に従って英単語を読めばいいので、始めて目にする単語でも発音がしやすくなるというメリットがあります。発音の勉強をするときにいちいち英語辞書を引いて発音記号を確認しなくても、規則に従って発音をすればいいので便利ですよね。

子どもに発音を教えるときによく用いられる

英語圏では、子どもに読みを教えるときに、よく用いられています。文字を書き始める頃にフォニックスを学び始めて、綴りと発音の関係性を学んでいきます。英語は発音と綴りが一致していないものも多いので、フォニックスを学ぶことにより正しい綴りで英語を書く勉強にもなります。

またフォニックスは大人の発音学習にも有効です。英語圏外の人が学ぶことによって、ネイティブに近い発音が出しやすくなるんですよ。

ただしフォニックスには賛否両論も





英語の綴りには、フォニックスに当てはまらないものもあります。特に私たちが英語学習の初期で勉強するような基本的な英単語には、フォニックスが当てはまらないものが多いのが難点です。

「知っている単語をフォニックスに当てはめて発音しようとしたらきちんと発音できなかった!」ということもあるので、ちょっと混乱してしまうこともありそうですよね。例外も多く万能ではないので、その部分はきちんと考慮して勉強する必要があります。

英語を発音するときにフォニックスは役に立つ!

勉強することが増えてしまうからか大人の英語学習ではあまり注目されないフォニックスですが、覚えておくと知らない英語を発音するときにとても役に立ちます。また英語の発音が苦手な日本人は多いで、発音がよくなるのもメリットですよね。

インターネットなどで「フォニックス」で検索すると、フォニックスの詳しい規則についてまとめたサイトがたくさんでてきます。興味がある人はぜひ探してみてくださいね。ただし英語は言葉なので、なんでもかんでも規則通りにはなりません。フォニックスを勉強するときには「規則外もたくさんある」ということも覚えておいてくださいね。



by
2歳の怪獣と日々戦いながら、活字に溺れるフリーランス見習い。飲料も洗髪も軟水が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です